2010年07月08日

サボリ気味だったので。

電撃G'sマガジン 8月号
 天使ちゃんねんぷち効果で完売だらけで焦ったー。
 本誌単体だけで安く買えたので個人的にはありがたいですが。
 で、べびプリが一部でお通夜モードと聞いてて気になったのですが、
 納得しましたわー……カラー連載終わりかよー。
 あのポエムっぽい文章が大好きなのになぁ。
 っていうか、ゴッドは新企画で文章書いてるし!
 今後が不安すぎて泣けてくるな……。

もやしもん 9巻<石川雅之>
 悩んだ結果限定版を購入。
 DVDの内容について書かれてないから心配だったんだよー。
 いやぁ、CGの菌たちも超かわええ。
 今回の本編は語り多めな感じで一部の人は大喜びですね。

小説も積んでるから読まないとなー。
やっとSAOとアクセルワールドは追いついた。
あとは竹井10日作品だ……。
posted by 渚りお at 22:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 読んだ本
この記事へのコメント
なんかSADって、実在の病名の略称みたいな…。
私も先月下旬からコミック単行本新刊ラッシュで、ジーザス、死がふた、白泉社とエンブレのアマガミと来て、ドリフターズ1巻と学園黙示録6巻で一段落、と思ってたら、表紙を見た瞬間手に取っていたヤングアニマルあいらんどに「アマガミ単行本3種の応募券を…」
もう一冊増えたorz…。
Posted by orcan at 2010年07月10日 00:33
SAOですよ!O!
その中だとドリフターズはうちにあるなぁ。
アマガミってそんなに漫画やってたんですね……。
Posted by 渚りお at 2010年07月12日 20:25
すみません。
画面の文字サイズのおかげでOをDと見間違えていました。

アマガミは、前作キミキスの時点で「通常のコミックが複数ある」状態でした。あと、紛らわしかったかも知れませんが、「単行本3種類」のうち一つは4コマアンソロジーです。

こちらは、出版社のコラボ企画なのでしょうが、CHAOSHEADはもっと酷かった…。

ドリフターズがある、という事は、他のヒラコー作品もあるわけですか?
Posted by orcan at 2010年07月12日 21:19
最近出版社またいで企画する本多いですよねぇ。

ヒラコー作品はだいたい読んでると思います。
大同人とか電脳研も読んでます。
Posted by 渚りお at 2010年07月15日 18:42
ヒラコーは、アンソロジーとかはまだいい方で、聖学、大同人、「進め」以下略と来た日には…。
そういう意味でも、ヘルシングは凄いと思う…。(単行本未収録でニコ動で見れるのもわずかにはありますが。)

聖学は大学時代に新入部員との会話を横で聞いていた後輩に後で「まるであの漫画のしりとりのようだ」といわれ、その新入部員に「敢えて名前を出さなかったタイトルがある」と言ったら、あっちも全く同じ事を考えていたり…。

しかし、那須与一は、物語終盤で中から某フィンランド人が出て来たりはしないだろうか…。
Posted by orcan at 2010年07月15日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39528417

この記事へのトラックバック